札幌市西区にある事務所にて女性の行政書士がお悩みを丁寧にお伺いしております

お問い合わせはこちら

札幌の行政書士・RK行政書士事務所のお客様の声

笑顔と安堵のお声を励みに真心を込めてサポートします 

札幌の行政書士・RK行政書士事務所のお客様の声

女性の行政書士として、初めての方や女性の方、ご年配の方でも安心して話せるアットホームな雰囲気づくりに努めております。「勇気を出して相談してよかった」というご満足のお声を聞き、ご相談後にはお客様の笑顔を拝見することを何よりの喜びとして丁寧に対応してまいります。
札幌市西区のアクセスが便利な立地に事務所を構えており、ご都合に合わせてご相談のための時間を十分に確保いたします。遺言書の作成や相続に関連した手続きについて後悔しない決定をしていただくために寄り添ってまいります。


許可申請や登録を代行しビジネスの夢やビジョンを応援します 

ご自身で会社を設立したり、何かの事業を起こしたりする時には「どのような許可申請が必要なのかわからない」「本業が忙しくて手がまわらない」「ミスをして二度手間になったら困る」といったお悩みがあるかもしれません。そうした手続きはお客様ご自身で行うこともできますが、複雑な申請手続きや複数の資料添付が求められる案件もありますので、時間がかかってご負担がのしかかる可能性が高くなります。
そのような時こそ、皆様のビジネスを支援する「身近な法務の専門家」としてスムーズな許可取得によってお力になります。お任せいただけましたら迅速且つ正確な許可申請や届出、登録を進めるだけではなく、進捗状況についても丁寧に報告しつつしっかりとフォローしてまいります。ビジネス上の大きな夢やビジョン、次のステージへの第一歩を応援するために少しでもお力になりたいと願っております。

幸せな相続となるよう遺言書作成をお手伝いいたします 

地域にお住まいの皆様のニーズに合わせてサポートすることをモットーとし、遺言書の作成に関するご相談やご依頼を承っております。「終活」や「生前整理」という言葉が広く認知されるようになり、老後を安心して暮らすために生前対策に目を向ける方が増えています。「万が一の事態が起こった時に家族が困らないように、あらかじめ遺言書を準備しておきたい」とお考えでしたら、ぜひご相談ください。
遺言書の作成には民法で定められた一定のルールがあるため、正しい知識を得て間違いのない準備を行う必要があります。法律に則っていない場合には余分なトラブルを招いたり、せっかくの遺言書が無効と判断されたりする可能性があるからです。公正証書遺言・自筆証書遺言・秘密証書遺言といった各形式についてわかりやすくご説明し、財産目録の作成や原案の作成から相続が始まった後の手続きや申請までを見据えてサポートいたします。

経験豊富な行政書士として札幌で成年後見の活用を支援します 

様々な理由で判断能力が十分ではない方が不利益を被ることがないよう家庭裁判所に申し立てを行い、その人を援助するための後見人を割り当ててもらうのが成年後見制度です。例えば、「介護費用にあてるために親名義の不動産を売却したい」と考えても、ご両親が認知症の状態ですと勝手に売却を進めることができません。こうしたケースでは成年後見制度を活用することで問題を解決できる可能性が高まります。
行政書士は大きく分けて行政手続きと市民法務という2種類の業務に携わりますが、どちらも「予防的措置」と関わりがあります。つまり、不測の事態に陥らないようにするために行政手続きを行ったり、協議書や契約書を作成したりするのをサポートするのが務めです。成年後見制度が「転ばぬ先の杖」としての役割を果たせるようにするため、これまでの実務経験を通じて培ってきたノウハウを惜しみなくご提供いたします。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。